考え

上を見過ぎてモチベーション下げていませんか?

頑張ろう頑張ろうとしているのに、いつの間にかモチベーションが下がっていることはありませんか?

成長スピードを高める為にはモチベーションを上げることとは必須です。

そのモチベーションを上げる為に上ばかり見ていませんか?

上を見過ぎることによるモチベーション減少についてのお話しをしたいと思います。

向上心えげつなく高くて『上ばかり見ていたほうが成長出来るぜ!』っていう方はバック推奨です。

 

上ばかり見ていませんか?

例えば、身近なところだと、ブロガーを例に上げましょう。

『ヒトデさんのようになりたい!』

『イケハヤ氏のようになりたい!』

という思いから、たくさんアクセス数・売上を上げている著名のブロガーさんばかりフォローしていませんか?

センスはもちろんですが、彼らの努力量は一般の人から想像も出来ないレベルだと思います。

そんな著名人に囲まれた環境下でブログ活動しようものなら、自分の作る記事の完成度の低さ・結果の出なさにモチベーションが尽きるのも時間の問題でしょう。

人間皆、上だけ見て生きていけるモチベモンスターだとは限りません。

 

たまには下も見ましょう。

 

これは、見下すという意味合いではありませんので勘違いしないように。

自分が他の人より頑張れている部分を見つけるということです。

アクセス数でも記事数でも文字量でも記事の見やすさでも何でも良いです。

本当に些細なことで良いです。

何か一つでも他の人より頑張れているな、という部分を自覚してそれを自信に変えていく環境・時間はとても重要です。

自分より出来る人ばかり見ているといつの間にか自信がなくなり知らず知らずのうちに疲れちゃいますよ。

 

職場環境での伸びしろ体験

これは私が職場で経験した実体験の話です。

今回の話に通ずるものがあるなと思ったのでお話しします。

 

入社当初、周りは出来る人ばかりで萎縮してしまって思うように仕事を覚えられなかったりプレッシャーに押しつぶされそうになった経験はないでしょうか。

私の場合、特に上が厳しい職場だったこともあり謙虚にそれが出ました。

上に追いつかなきゃ・早く仕事覚えなきゃという一心でした。

仕事量が膨大なのでそれを覚えきれずに悔しい思いをしていました。

上司からは過去の人の中でもトップクラスに優秀な人材と褒めちぎられてはいたのですが、それでもやはり早々に先輩方に追いつけるはずもなく、『自分って仕事出来ない人間なのかもなぁ』と感じていました。

そして、半年程働いた時、チーム変更がありました。

チームには必ずリーダーがいて、私が配属されたチームリーダーは、言い方は悪いですが、リーダーの中でも一番仕事の出来ないリーダーでした。

その結果、自分がやらな仕事が回らないと思ったのと、ふとした時にこの人なら抜ける・もうすでに抜いている部分があると感じたことがありました。

その頃から自分に自信が付いてきたのか、ぐんぐんと成長していきました。

さらに、同チームの上司がしっかりと褒めてくれるタイプの方だったので、相乗効果で成長が止まることを知りませんでした。

 

あとがき

何でこの記事を書こうと思ったか。

私も実際に、モチベーションを自ら落とす環境に陥っているからです。

ブログ頑張るぞ!という意気込みで新たにこのブログを立ち上げ、専用のTwitter垢を作り、参考の為に自分よりも上の方々をフォローしまくりました。

結果、自分自身を追い込み、比較対象が凄腕ばかりなので、自分が頑張っている部分が隠れてしまい、徐々にモチベーションが削られていき、気付いた頃には更新が止まっていました。

薄々感じてはいたのですが、確信に変わった頃にはこんな状態ですよね。

 

少し脱線しますが、筋トレYouTuberのコアラ小嵐さんが今回のテーマに通ずることをお話しされていますので、興味のある方は是非。(5:05~)

 

話が脱線してしまいましたが、たまには肩の力を抜いて下も見ましょうよという話でした。