考え

「僕はまともな深夜組です!」→いやいやちょっと待て

先日、以下のツイートを拝見しました。

この方の言い分では、

『ルールを守って並ぶと欲しい物が手に入らないから深夜に並んでます!』

との事。

いやいや、ちょっと待てと。

 

ルールはルール

自分が何か特別だと勘違いしていないでしょうか。

そもそもな理由がどうであれば運営から定められたルールを破って深夜に並んじゃった時点でそれはもう他の深夜組と全く一緒です。

運営やサークルの方が一目で見て、「この人はまともな深夜組だ」と分かりますか?

分からないですよね?

間違いなく「ルールを守れない人」というレッテルを貼られるでしょう。

 

この方が転売などの目的ではないにしても、ルールとして定められているものを破ってしまった時点で同レベルなんじゃないでしょうか。

ゲームにしてもスポーツにしても定められたルールの中で楽しむ物でしょ?

『普通にやっても勝てないから相手チームの選手を怪我させます』と同じ事をしているわけですから。

 

そもそもな問題、深夜組がいる事がダメな訳で、これは運営陣を強化して、長い年月をかけて対策を練って解決に向けていくしかないと思います。

「他の人がやってるから自分もやって大丈夫」な考えの人がいるから深夜組がさらに巨大化する原因にもなっています。

これだけの大規模になったコミックマーケットは日本が誇る一大イベントです。

動こうという意思ある者が多くいるのであれば、深夜組への対策も自ずと進むのではないでしょうか。

 

こういった自己中な考えの人がいると運営さんもサークルさんも悲しむと思うんですよね。

そして、いずれその秩序が維持できなくてコミケそのものが完全になくなる可能性だって無きにしも非ずですよね。