ゲーム

PUBGを制する為には「Battle Royle Trainer」が近道だ!

PUBGが上手くなりたいからとPUBGばかりやっていても上手くなれるとは限りません。

PUBGではゲームの性質上、戦闘割合が非常に少ない傾向にあります。

その為、実際に敵をぶつかった際に上手く戦えないと感じることが多いハズです。

そんな少ない戦闘経験を補い、戦闘能力を効率良く上げるには「Battle Royle Trainer」がオススメです。

「Battle Royle Trainer」での設定から練習方法など、PUBGでの戦闘に繋げることを最優先してご紹介していきます。

各種設定を整える

マウス感度

数値を一緒にしてもPUBGとかなりの差が生まれます。

まずは、振り向き距離などで合わせるなりして普段PUBGでプレイしている感覚に近づくよう微調整していきましょう。

 

AIの難易度

難易度はHardにして、人数を25人に設定しましょう。

Extremeは鬼のように敵が集まってきて実践っぽくはないです。

敵を倒して高速で次の敵にAimを合わせるという練習には向いているかもしれません。

大量のAIが一斉に射撃してくるので音量注意です。

 

武器のカスタム

普段メインで使用している武器で、初手降りを想定したノンカスタムと、ドン勝間際の最終カスタムを試すのが良いでしょう。

この辺は普段の立ち回りを想定したカスタムを設定するのがよりPUBGの実践に近い形で練習出来るのでベストです。

私は基本的に初手で戦闘を好まないので、最終カスタムのみ練習しています。

あわせて読みたい
【PUBG】初心者必見!ドン勝を目指し生き残る立ち回り初心者だけどとりあえず生き残ってドン勝に近付きたい! 生き残り、レートを上げつつドン勝を目指す立ち回りを目指しましょう! 序...

 

MAP

撃ち合いに慣れるには市街戦が一番オススメです。

遠距離でSRの練習をしたいのであれば他のMAPがオススメです。

また、Aimモードであったり、演習場みたいな場所で自由に試すことも可能です。

 

その他

無敵設定にしてAIを倒すことだけに集中出来るようにしています。

Hard以上になるとかなりのAim力でバシバシ当ててきてすぐにやられてしまって練習にならないので、この設定は必須かもしれません。

Aimやリコイルに慣れてきたら難易度を下げて無敵設定を外して、立ち回りやリーンを含めた実践形式でプレイしてみるのも良いかもしれません。

 

撃ち合いに慣れる

PUBGはゲームの性質上、主要都市に降りない限りは戦闘時間が極端に少ないゲームです。

ドン勝を狙う立ち回りをした結果、1~2Killで試合を終えることもざらにあります。

その少ない戦闘経験を重ねて撃ち合いに強くなろうと言うのは正直かなり効率が悪いです。

「Battle Royle Trainer」はその不足している戦闘経験を補うにはピッタリなのです。

 

リコイルの感覚を掴む

Battle Royle TrainerのリコイルはPUBGとほとんど一緒のように感じます。

普段使用する武器やカスタムで壁打ちして集弾を確認しましょう。

武器やカスタム、弾なども探す必要がなく気楽に打ちっぱ出来るので手軽に武器の癖を掴むことが出来ます。

また、AI相手に練習することで距離によるリコイル幅やタップの切替等を学べるので非常に有意義な練習が出来ます。

 

リーンを身に着ける

PUBGだけをやっていると中々身につかないという人も多いでしょう。

そこで自分の死を気にせずプレイ出来るBattle Royle Trainerでガッツリ練習しちゃいましょう。

AIを相手にしながら軽い実践形式でやることで自然に身についてきます。

リーンが存在しないFPS上りの私もここでリーンの感覚を学びました。

 

立ち回りを覚える

敵を見つけて接敵しようとしたところ他のプレイヤーから横やりを食らうことはないですか?

中・遠距離の敵を相手に距離を詰める際にどういった立ち回りをすれば、ターゲットや周りから撃たれずに接近出来るのかを練習するにはピッタリです。

道中にも他のAIが待ち構えている可能性も高い為、意識を分散させる力も身に着けることが出来ると思います。

FPSでは、1点だけではなく周りが見れる能力も非常に大切となってきます。